今回は足ツボマッサージをすることで便秘が解消できるようなので紹介していきたいと思います。
特に女性なら便秘で悩んでいる人が多いのではないでしょうか。ですが、もし足ツボマッサージをすることで解消できるのなら、女性にとってはとても嬉しいことだと思います。

実は人間には、便秘に効くツボがたくさんあると言われています。その便秘に効くツボはもちろん足にもあります。足の裏には多くのツボが集中していますし、指を刺激すると効果を感じやすいと言われています。

便秘に効くツボは両足の左右対称に位置しており、足ツボマッサージをする時は、片足だけ刺激するのではなく、両足を同じように刺激してあげることが大切なのです。
そして足ツボを押して少し時間が経ったあとで自分のお腹の中が動いたのがわかったという人もいるようです。

便秘に効くような胃や腸などの排泄に関係しているツボは、両足の土踏まずのあたりに集中しているようです。そして親指の骨が横に出っ張っている所から土踏まずまでの部分は、胃や十二指腸のツボがあるようです。
この部分は、足の裏の中でも硬い部分なので、親指の指の腹だけだと上手く出来ないかもしれませんので、関節を立てて強めに刺激するといいと思います。

また土踏まずをコの字で囲むように位置しているのは、大腸や直腸のツボがあるようです。この部分も指の関節を使って擦るようにツボを押してあげましょう。

他にも足の人差し指にもツボがあり、そのツボを厲兌(れいだ)と言います。
厲兌は、人差し指の中指側の爪の横あたりにあり、胃腸が悪いと強い痛みを感じるようですので、胃腸が弱っているとすぐにわかるようです。
また痛い部分を押しながら、持ち上げるようにすると良いそうですし、綿棒などの先をツボに当ててグリグリしてあげるのも効果があるようです。
そしてこの厲兌というツボは便秘の他にも浮腫みにも効くツボだそうです。

他にも膝の皿から指4本分下がった部分の外側にあります。そのツボを足の三里というそうです。
このツボは便秘にはもちろん効果がありますが、体調の増強や浮腫み、胃腸や美容などにも効果があるとされています。グリグリするようにツボを押してあげるといいでしょう。

足首の内側あたりにも、三陰交というツボがあります。しっかりどこにあるのか説明するとくるぶしから指4本分上の骨の後ろのくぼみが三陰交です。

消化器や腎臓や肝臓などの内臓器官の働きを助けることが出来るツボのようです。便秘にはもちろん効果がありますが、他にも生理痛や生理不順や浮腫みにも効果があるとされています。生理痛が辛い人や生理不順の人には嬉しいツボではないでしょうか。

押す時は、両手の親指を重ねてツボを押して、そのままツボを押すのではなく、左右に動かすように押してあげるといいでしょう。

これはどのツボを押す前後にも言えることですが、マッサージ前後の足を冷やさないようにしましょう。何故かと言うと冷やしてしまうと、せっかく血流を良くして老廃物を流してあげても台無しになってしまいますので、気を付けてください。
マッサージを行う時は、マッサージしていない方の足をタオルや膝掛などを使い、必ず冷やさないように心がけてください。

このようにさまざまなツボがあり、そのツボを押してあげることで便秘を解消できるようです。なので、便秘に悩んでいるという人は特に試してもらいたいツボです。
便秘に効くツボが気になる人は是非試してみてください。

便秘は女性にとって大敵ですし、便秘が続いているとお肌にも悪く肌トラブルが起こりやすくなるのです。なので便秘を解消して、内側から綺麗にしていきましょう。
また便秘でお腹がポッコリ出るという人もいますから、便秘を解消してポッコリお腹も解消できると思いますし、他にもイライラしてしまったり、肩こりや腰痛、食欲の低下してしまうことがありますから、しっかり便秘を解消しておく必要があります。

他にも便秘が続いていることで腹痛にも繋がり、腹痛が原因で他の病気になってしまうという人もいますから、気を付けましょう。

このツボは便秘解消の他にも、浮腫みや生理痛、生理不順や美容にも効果があり、女性にはいいことずくめだと思いませんか?これで解消できるようなら、私も是非試してみたいと思います。

このツボを押してあげることでも、解消できると思いますが、食事バランスをよくしたり、正しい生活を送るように、自分の今までの生活を見直してみるのもいいと思います。
他にも程度な運動をすること効果があるのではないでしょうか。
またこまめに水分をとることも心がけておくといいでしょう。

いくつかのツボを紹介しましたが、これを押してもすぐに便秘が解消出来ないという人もいます。1日でけ足ツボマッサージをして効果がなかったとしても、諦めず毎日続けることで効果が現れるともいますので、毎日サボらずにしっかり足ツボマッサージをしてあげることが大切です。

Comments are closed.